幕が上がる

それは、2015年になって間もない1月8日に突然メールにより知らされた。


「伊野尾慧舞台出演決定」


仕事の休憩中にトイレでメールを読んで事態が呑み込めず、頭が真っ白になったのを覚えている。

正直、舞台という演技のお仕事がこのタイミングで伊野尾くんにまわってくるとは夢にも思っていなかった。足元がふわふわしてくる。
「か、通う…!行けるだけ行きたい!お金は、独身時代のあっちの口座のやつ使って…」

ふと日程を見る。今度は違う意味で頭の中が真っ白になる。私は妊娠中で、舞台の公演期間がまさに出産予定日付近に丸かぶりだったのだ……

「あ、行けないじゃん…」結論は一瞬で出た。当たり前だけれど、一番大事なものはお腹の赤ちゃんでそれは揺るぎない。
でも、結論が出ることと、気持ちがきちんと整理できることは全くの別物だった。

舞台の内容に関する情報が入ってくる。
阪神淡路大震災がベースにある話らしい。
私は、伊野尾くんの大学時代の話が好きだ。多く語られることはなかったけれど、彼のしなやかで多角的なものの見方に大学時代の経験(とくに被災地を研究対象としたゼミ)が大きく影響しているのはとてもよくわかったし、そんな伊野尾くんがこの舞台をどう受け止めどう演じどう成長(って言うと偉そうで嫌なんだけど)するのか、彼を自担と呼ぶ以上どうしてもどうしても観たいと思った。結論は出てるのにそんな想いが消えない。

仕事も手につかず、家に帰るとどうしようもない想いに涙が出てきた。帰宅した夫に事情を話し、結論は出ている、でも気持ちの行き場がないんだよー!とわんわん泣いた夫は、どんだけやwと少し呆れながらも「赤ちゃん産んでくれてありがとね」と寄り添い慰めてくれた。


妊娠した時、「しばらくヲタ活も産休や〜」と明るく考えた。行けないコンサートもあるだろうし、もしかしたらその行けないコンサートは夢のBESTコンかもしれない。来年こそ私の嵐名義が息しそうなんだけどな!なんてその時想定できる一番残念なことを考えて、でもそれ以上のかけがえのない宝物が私にやってくる!茶の間上等!茶の間すら余裕なくて出来ないかもしれないなぁ、とまで思った。昔からそこまで物分かりが悪いほうではない。どうしようもないことはどうしようもない。根気や粘り強さがないのは欠点でもあった。

だけど、まさかの想定外の完全なる死角から、よりによって…なタイミングでやってきた伊野尾くんの「初主演舞台、座長」というお仕事にとんでもなく動揺した。念には念を入れて、何があっても落ち込まないために予防線張りまくったのに…。せめてあと1ヶ月公演期間が前倒しになっていれば1公演くらいは観れたのではないか…なんて言ってもどうしようもないことが何度も頭の中をぐるぐるする。スタンディングのライヴではない、舞台だ。時期さえ問題なければ妊娠中でも、体調次第とはいえ難なく行けたのに。(今思えば、あと1ヶ月妊娠の時期がズレていれば…とは1度も思わなかったなぁ。1ヶ月ズレてたらこの子じゃないんだし当たり前か。)

チケット申込の振込期限間近、振込用紙を1枚書いてみた。行けなくても、記念にチケットだけでも欲しいと思った。だけどいざ手元にチケットが届いてしまったらそれで気が済むわけなどないとわかりきっていた。私は心が狭いからそれを誰かにお譲りすることもきっと難しい。そして万が一にでもその空席がステージ上の伊野尾くんの目に入ってしまったら…そんなの絶対に嫌だった。

振込先用紙は破って捨てた。まるで夜中に熱い想いをしたためたものの出せないラブレターみたいっていう切ないエピソード(笑)


舞台出演ということで、伊野尾くんの露出がえらいことになっていった。(伊野尾担比)

舞台関連初めての雑誌だった「STAGE SQUARE 」には、まさに“無知の知”のそのままの伊野尾くんがいた。まさかさすがにドル誌のように煙に巻く発言はしないとは思ったけれども(笑)、想像以上に素直に自分の言葉で話してくれる伊野尾くんはとても新鮮なんだけどとても伊野尾くんらしかった。

知念くんのご褒美として伊野尾くんが召喚され、出演したラジオでは、カラフト伯父さんの告知でちょっとボケた知念くんに「ノーいじりでお願いします」と言った。流れを壊さずに、でも言うことは言う姿勢にどんな風に舞台に取り組んでるのか、垣間見えた気がして胸がぎゅっとなった。

初単独表紙の「BEST STAGE」は、テキストもさることながら、そのあんまりであんまりなビジュアルに昇天して果てた…(笑)←笑、えないくらいにのたうちまわった。そうなんすよ、私の自慢の自担は圧倒的に顔面がかっこよくてかわいいんですよ…(メロメロ)

TVガイドPERSONでは、「自分がいままでグループ以外の仕事がほとんどなかった分、結果を残してグループに恩返しがしたい」と話してくれた。
「個人の仕事がなかった」「恩返しがしたい」「結果を残したい」きっと今まで色んな想いがあったはずなのに、屈託もなくそう話す。テキトーと言われ、いつも飄々としていて、本音はなかなか話してくれない伊野尾くんだけれど、必要な時には自分の言葉できちんと伝えてくれる人だと改めて感じる。自分を大きく見せようとしない、かといって必要以上に過小評価して卑下したりもしない、それがどれだけ難しいことか、ある程度社会で生きてるとわかるからとても素敵だと思う。
あと〔ultimate weapon〕て見出しが粋すぎて震えた。ありがたい。
けれど、担当者が伊野尾くんにエロい表情を要求した上、顔面容姿を褒めちぎって本人に軽く流される、ってゆう全伊野尾担総地団駄エピソードをTwitterで自慢してきた点については、ゆるしてない…ずるい…ゆるさない…(怨)


編集者さんの力量もあるとは思うけれど、いつもポーカーフェイスに見える伊野尾くんの不安や喜びや楽しみや入り混じったリアルな気持ちがどのテキストにも素直に表れていて、普段触れられない部分に触れられたような気がして嬉しくなった。そして改めて伊野尾くんの強さや前向きさに触れて、どうしようもなく誇らしくて天井も底も見えない彼の魅力が本当に恐ろしくなった。

こんな風に、舞台が近づくにつれて、期待は高まるとともに、当初感じていた「初ストレート舞台で主演、しかも三人芝居…大丈夫かしら…」という心配は払拭されていた。必ず結果を出して見せてくれるという信頼が揺るぎないものになっていた。 そんな風に思わせてくれるのが本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかった。そして当然皮肉なことに、嬉しい楽しみな気持ちに比例して「やっぱり観たかった」という行き場のない気持ちも大きくなる。

妊娠後期に入り、ちょくちょくマイナートラブルを発症しては体調がよくない日も多く、そんな時は心も弱ってしまって、「初日でも楽日でもない日でいい、一番後ろの一番端の席でいい、1公演でいい、観たい…」と夜な夜な布団の中で涙する情緒不安定ぷりと激重ぷりを発揮したし、伊野尾担じゃないたくさんの人に観て欲しいって思うのに、伊野尾くんちょっと気になるから舞台に行くという人を見ると嬉しい反面「私の方がずっと好きだしずっと観たいのに…!」なんていう子供じみたことを考えてしまうこともあった。猛省。

だけどね、行かれる方みんな楽しんできてほしいって本当に思ってるんだよ!これは本当に本当に本当だよ!


いよいよ、今夜18:00幕が上がる。


渋谷駅のポスターも、グローブ座の看板も、結局一度も見に行けなかった。もちろんチケットもないし、舞台に行くために新調した洋服もない。私と関係のないワクワクした世界が回ってる感じが、すこしだけ寂しい。

だけど、やっぱり伊野尾くんが主演で舞台をやる、ってことが何よりも本当に嬉しい。

改めて、伊野尾慧くん初主演舞台おめでとうございます。

千秋楽まで、怪我等なく無事に終わりますように。
体も心もボロボロになっても、伊野尾くんにとって、これからの糧となるような素晴らしい経験になりますように(きっとなるね)。
行けなかったことを一生引きずるくらいに、観劇した人みんなの心に残る素敵な舞台になりますように。

今頃伊野尾くんは何してるかな、最後のお稽古だろうか、どんな気持ちでいるかな、お昼ご飯は美味しいごはん食べられるだろうか、少しでもリラックスできる何かがあればいいな、昨日はゆっくり眠れたのかな、そんな私が考えてもしょーもないことをぐるぐると考えている。

私を元気づけているのか、伊野尾くんにエールを送ってくれているのか、はたまた動きたい気分なのか(それや)お腹の中の赤ちゃんがいつも以上にポコポコ元気に私を蹴飛ばしてくる。

担降りしました。


2014年10月15日、嵐の二宮くんからHey!Say!JUMPの伊野尾くんへの担降りを公言しました。

あとで今の気持ちや経緯を読み返すための記録。文才とかセンスとかないので、とんでもない長文になりました。暇すぎて死にそうな人だけお付き合いください。笑


私は俳優二宮入りからのアイドル二宮に鷲掴みにされた勢で、二宮担と名乗るようになったのは自然で当たり前すぎる流れで、時期もよく覚えてないです。他の誰かと迷うという概念すらなく、『二宮担』としてヲタ生活を送ってきました。

Twitterを始めて、他のグループも応援しているお友達も出来て、ジャニーズでは嵐にしか興味がなかった私はキスマイやらJr.やら視野を広げていくことになるのですが、あくまでも『二宮くんが1番で他にも好きな子たち』というスタンス。好きがたくさんあるということは、楽しいことも多いし、気持ちのバランスを取る上でもDD生活はとても私に向いていました。それまで狭く深く派だったのですが、いろんなことに広く目を向けるのも素晴らしいんだな、と。


JUMPちゃん(伊野尾くん)との出会いはちょっとだけドラマチックです。笑

仲良くしていたお友達がハマっているという理由で、ジャニショで興味本位でHey!Say!JUMPコーナーを覗き、そこで私の目を強く惹きつけたお写真…そうあの浴衣のやつ……。当時、有岡くんと伊野尾くんの顔と名前が一致しないレベルの私が、光の速さで注文用紙を追加で取りに行き、浴衣のお写真の番号に『1』を書きなぐったのが思えば全ての始まりでした。

これな。↓

f:id:aaaaa0622:20141019195510j:plain

その後、なんとなく、カモナを購入(私は、購入したりFC入ったりするまでけっこう慎重に時間かけるタイプなので、深く知らない子達のCDを手に取るというのはなかなか)。忘れもしないワクワク学校前に、新宿のタワレコで。二宮くんに会う前なのに。


キスマイ目当て(でもJUMPも観たいな♡)で入った2013のカウコンでは、生JUMPちゃん達のあまりのキラキラ(衣装のせいではない)ぷりに、『今年はJUMPコン行くわ!!!!!』と宣言し、耳掛け伊野尾くんに瀕死。うまうまシックスで意識を失う。


1万字インタビューを読んだのもたしか年明けのこの頃。こういうインタビューって、響く子とそうじゃない子がハッキリするんですよね。どんなに顔が好みでも、ここで刺さらないと次第に興味が薄れていく傾向にあります、私は。

伊野尾くんのインタビューは、まず『あぁこの子好きだな』と思いました。ふわふわゆるゆるしてる子なのかな、と思っていたけど、中性的な見た目とイメージとは裏腹に、内面はとても男らしくて強い。だけどとてもしなやかな人。そんな印象でした。振り返るとこのインタビューの存在は大きかったかな。担降り悩み始めてからは迂闊に読めないくらいになってましたから。笑

金髪騒動やら洞窟やら金髪からの短髪黒髪やら、とにもかくにも『なに!なんなの!伊野尾くん!気になる!』状態。なるなる初回では、なんとも言えない可愛さに身をよじらせて悶えるという初めての経験。1万字以降、ドル誌でも気にして記事を読むようになる。なんだ、この子、一筋縄ではいかない感じ…好み…おもしろい…あと顔がキレイ……


からの運命のLWMコン。(2014年5月10日)

f:id:aaaaa0622:20141021215935j:plain

お友達に連れて行ってもらいました。
Twitter始めた頃からずっと仲良くさせてもらってたにの担さんとのハジメマシテがまさかのJUMPコンになろうとは…(余談)

コンサートは、ほんとにすごく楽しくて、可愛くて、キラキラで、予習不十分で行ったけど、ほんとに楽しめました。
そして、東京ドームをしっかり自分たちのものにし、隅々のお客さんまで気を配る姿は、彼らのたしかに積み上げた年数を感じたし、なんて感じのいい子たちなんだろうと。


運命の一瞬は、伊野尾くんが赤いお衣装で近くの花道に来たとき。曲はたしかTogetherf oreverだったと思うんだけど、イントロでスポットライトの当たってない時に、頭ふるふる振って前髪を気にして整えてた姿になぜか胸がギューーーーーーーーン!!!!!雷ドーーーーーーーーーン!!!!!!
なんであの時だったのか今でもわからない。笑
その後も双眼鏡で伊野尾くんしか追えなくて、とんでもなく恐ろしい可愛いものを見つけてしまった…ってゆうトランス状態で、コンサート後にお友達にまさかの発言をする。


『絶対ありえないと思うけど、それでももし、いつか、担降りする時が来たら、(降り先は)伊野尾くんだわ……』


(まさか絶対ありえないと思う“その時”が、たった5ヶ月後に訪れるとは)

たしかTwitterでも同じようなツイートをしたと思う。

そもそも私はそれまで、担降りってイマイチ理解できなかった。なんで降りるんだ??あの子もこの子も好きでいいじゃん。降りるんじゃなくて増やすでいいじゃん。そんな風に思ってました。

だから初めての感情に、戸惑いこそ覚えたけれど、まぁ一時的な興奮状態だなって思ったし、この時点ではそこまで深刻な認識はなかった。

でもこの時が、それまで私を形成していた絶対的な世界にほんの少しの穴が空いた瞬間だったのかもしれないなって今は思います。ゼロを1にするのが難しくて大きいように、この時空いた小さな穴は大きな意味を持っていたのかなと。


その日から、来る日も来る日も伊野尾くんのことを想う日が訪れます。スマホのカメラロールは伊野尾くんで埋まり、JUMPの情報をワクワク待つ日々。

【参考】ドームコン直後のカメラロール。これ別に伊野尾くん専用フォルダじゃない普通のカメラロールです。この調子があと何画面分も続く…www

f:id:aaaaa0622:20141022010433j:plain



ラジオ等で小出しにされてたアルバム曲がどれも素晴らしくて、リリースをこんなに首を長くして待ったことなんていつぶりだろう…?ってくらい楽しみに待ったアルバムは、『同じCDを複数買いはしない』という自分のヲタルールを簡単に破り初めての全種類買いをしました。仕事の都合で1部しか無理かなって思ってたsmartコン大阪初日は、ん年ぶりに夜行バスを利用してまで2部にも入りました。
この自分の熱量には自分でも驚きつつも止められず。
CDの発売も、TV出演も、雑誌も、楽しみでしかなくて、実際に手に届いたそれらはどれも想像以上のトキメキをくれました。 嵐の番組は観返すどころか、レコに溜まっていくばかりなのに、何度も何度も同じJUMPの番組を観る…さすがにこの頃からは、次第に悶々と今後の身の振り方を考えるようにはなったものの、『二宮くんのこと元担て呼ぶくらいなら死んだほうがましだわ…(重)』というところでいつも考えることを放棄。伊野尾くんのことを自担と呼びたい気持ちとのせめぎ合いで辛かったな。笑

(私は、担当は1人派です)

次に訪れた陥落の危機は、ウィークエンダーと明日へのYELLのMステの時。
世間を賑わせた、あの茶髪にテレビの前でぶっ倒れそうになり、可愛すぎて奥歯がガタガタしてきて、涙が出てくる…という初体験をし、『降ります』宣言する寸前で、冷静になれよミアミーゴ、そんな勢いで決めたらあかんなるようにならへんぞ、となんとか踏みとどまる。

その後、伊野尾担のお友達と飲みに行き、やっぱり担降りトークになった時に、彼女が言った言葉はかなり響いた。

『好きな気持ちは無限だけど、時間とかお金とかは有限だから、それをどこにかけたいと思えるか』

それまで、二宮くんを好きな気持ちと伊野尾くんを好きな気持ちとを比べては、そもそも種類が違うし、ステージも違うし、比べられないし、どっちも好きだし(泣)ってなっていて、好きな気持ちで天秤にかけてもどうしようもないってことは自分でも薄々思ってたことだったから、背中を押されたというか、この頃から、『気持ちを整理して認める準備』を始めたんだと思う。

JUMPの横アリ公演も控えてたし、嵐コンも行く気当たる気満々だったから、両方入ってみて納得して決めようって思ってました。


が。


茶髪が可愛すぎて泡吹いた横アリ公演も終わり、横アリオーラス翌日であり嵐コン当落の前日でもあった日にそれは訪れました。

その日はコンサートの翌日でWSは各局JUMPコンのことをやっていて、Twitterも大賑わい。RTやふぁぼる手が止まらない!!そんな中、無意識に『あ〜ダメだ!にの担なんだから、にのや嵐のことも呟かなきゃ!!』と思った自分がいて、それにものすごいハッとして、あぁ、もうだめだ…と思いました。諦めきれなくてなんとか繋いでいた糸がぷつりと切れる音がしました。ただただ好きだから、追っていたのに、『担当』ということに固執して諦め悪く縋っていたばかりに、こんな義務みたいな思いを自分の中に生じさせてしまったことにどうしようもない情けなさを感じました。
そして、嵐コンにも入ってから…とか、JUMPへの熱量は新鮮なものへのやつだから決断は早い…などと必死に答えを先延ばしにしていたものの、もうほんとはもうそういうことじゃなくて、ただただ自分の納得できる理由が欲しかっただけなこと、気持ちはもう決まってること、本当は気づいてたんです。
だから翌日の嵐コンの当落がどうであろうと、降りよう、と決めました。
で、あの嵐コン当落TLの中での担降り宣言となったわけです。

宣言すると、とても心が軽くなって、直後に少クラで伊野尾くんが出てきた時には目頭が熱くなりました。
これからは、内側からこの子のこと好きって言っていいんだ、と思ったら感極まってしまって。笑


担降りなんて、所詮独りよがりな自己満足で、二宮くんにも伊野尾くんにもなーーーーんも関係のない私自身の問題で。だからこそ、自分で決めて決断するしかほんとになくて、切なくなったり辛くなったりしてるのもなんだか滑稽でバカらしくなったりもしました。だけど、二宮くんも伊野尾くんも、たとえ自分が滑稽でバカみたいになっても真面目に向き合いたい、その価値があると思えるとても素敵な人たちだからこんなに悩んだんだと思います。

二宮くんが見せてくれる、世界が好きで、踊らされてるんだってわかってて、惑わされて夢中になってることが最高に幸せで楽しかった。ひねくれてんだか素直なんだかわからないところも、ダンスの癖も、涙袋も、二宮くんのこと、好きじゃないと思うところなんて、ほんとに一つもなくて、こちらに見せてくれてる部分は全部ほんとにいちいち大好きで困るくらいで。そしてなんでかその気持ちはどうしようもなく泣きたくなるところへ繋がる。
今でも、二宮くんを見てると感じる、愛しさの向こう側の鼻の奥がつんっとなって泣きたくなる気持ちは変わらない。そしてこの気持ちはたぶん、ずっと、二宮くんに対してだけのものだと思います。

言わずもがなですが、二宮くんや嵐にまっっっったく落ち度はないです。これからハワイ関連のTVも控えてるし、その度にほんとに楽しく幸せな気持ちにさせてくれると思う。後輩に道を譲る気などさらさらなく、15周年を通過点として、攻めてくところ、最高にかっこよくてたまんないよ。他のグループも見て改めて思うことだけど、嵐コンのエンターテイメント性とクオリティは本当に本当にすごい。デジコン行かれないのは本当に残念だけど、成功とみんなの笑顔を願っています。


二宮くん、ほんとにほんとにいちばん、いちばん特別に、大好きだったよ。そしてこれからも特別な存在には変わりないと思う。


それでも、もっと『いちばん』と呼びたい人ができてしまった。気づかないフリしてたけど、もう認めざるを得ないところまで、きてしまった。ゆっくり考えよう、年内には結論出そうって思ってたけど、これ以上伊野尾くんを“自担”て呼ぶことを待てないって思ってしまったくらいに、もう気持ちが溢れて止まらなくなりました。

まだ、伊野尾くんのこと『ぜんぶ好き』とは言えない。ぜんぶ好きって言えるところまでとことん知りたいし、これからを見ていきたい。たとえぜんぶ好きって思えなくても後悔しないし、たとえ後悔してもいいやって思えたから。伊野尾くんやJUMPのこれからについていこうと思います。まだまだ未完成で、もどかしくて、でも可能性が無限大で。これからに楽しみな気持ちしかありません。
悪い癖で、過去に遡っては『あの時から見ていたかったなーー!!!』てついつい過去を取り戻したいと思ってしまうけど、このタイミングでも船に乗り込めて、よかった。間に合って、良かった。でっかい花火を打ち上げるところ、一緒に見たいな。

きっと僕の方が  きっと君のことを 誰より笑顔にできるから

まさかほんとにカモナマイハウスされるとは思わなかったーーーー!!!!!笑

降参だよ、伊野尾くん。
たくさんの笑顔をください。これからよろしくお願いします。